中学受験における保護者面接について

インコライフフィーバー > > 中学受験における保護者面接について

中学受験における保護者面接について

2014年10月30日(木曜日) テーマ:

中学受験において、筆記試験、受験生本人の個別面接のほかに、保護者面接を設けている学校があります。
保護者面接も受験生本人の合否を左右するものかというと必ずしもそうではありません。
あくまでどのような親、どのような家庭環境で育ってきたかを裏付けるものになります。
面接時は、親が目立ちすぎて受験生本人の影が薄らぐことのないように、あくまでつつましやかにサポートに徹することです。
中学受験の段階では、受験生本人は親や家庭環境からの影響を受けやすく、自立という点ではまだまだ未完成です。
そのような中で、これからの中学生活を通じて自立できる能力を持ち合わせているかどうかを筆記試験や個人面接で確認し、受験生本人が自立しやすい環境を作っているかどうかを保護者面接で確認します。
それだけ中学受験とは、テストの採点結果だけでは計り知れない才能を持ち合わせた年代の子供達を見極めて行かなければなりませんので、あらゆる角度からの判断が必要になります。
そうはいっても中学受験に挑むのであれば勉強のための環境を整えておく必要があります。
受け入れる中学校側も非常に慎重に判断して行きます。
お互いが真剣勝負です。



関連記事

新車専門業者にしてみれば361

新車専門業者にしてみれば361

2017年2月 1日(水曜日)

中古車査定業者が対比できる評価サイト360

中古車査定業者が対比できる評価サイト360

2017年2月 1日(水曜日)

買取ショップが重複して載っていることも359

買取ショップが重複して載っていることも359

2017年2月 1日(水曜日)

10万やそこらは買取価格が増額した358

10万やそこらは買取価格が増額した358

2017年2月 1日(水曜日)

都心以外では自動車を所有している357

都心以外では自動車を所有している357

2017年2月 1日(水曜日)